ホーム >> パーツを揃える

パーツを揃える

自転車は様々なパーツで構成されてますが、ここでは走るために最低限必要となるものをピックアップ。また、ロードとピストそれぞれの違いや、人気のパーツランキング情報をご紹介します。

タイヤ&チューブ

ロードやピストのタイヤは、700cという規格のもの。太さは23cや25cが一般的ですが、通勤やロングツーリングなどで乗る場合はより乗り心地が良くパンクに強い太いタイヤを選択することも。ただし、太いタイヤはフレームの構造上取り付けできない場合が多いので事前に確認してください。

【人気タイヤ】

絶対パンクしない700C×23C ノーパンクタイヤ【販売単位1本価格】チューブレスタイヤソリッドタイヤ 自転車 タイヤ 700Cタイヤ ピスト ピストバイク ロードバイク 練習用 クロスバイク ノーパンク サイクリング ライダーズカフェ 【2本セット限定価格】【公式】 パナレーサー タイヤ クローザープラス 26×1.25 650×23C 700×20C 700×23C 700×25C クリンチャー 自転車 マウンテンバイク クロスバイク ロードバイク Panaracer 【返品保証】 コンチネンタル 自転車 タイヤとチューブ2本セット ロードバイク Grand Prix 5000 グランプリ5000 Continental クリンチャー 700x25C-仏式42mm 送料無料 【あす楽】 あす楽 送料無料 2本+2個セット ウルトラスポーツ3 700x28C/32C 黒 ブラック+ Race28 Wideチューブ 返品保証 コンチネンタル CONTINENTAL Ultra Sport III 自転車 タイヤ ロードバイク ヴィットリア vittoria CORSA GRAPHENE 2.0 チューブラー タイヤ コルサ グラフェン 2.0 自転車 タイヤ 700×28c 700×32C 700×35C 2本セット SR037 クロスストリート CROSTREET シンコー SHINKO ロードバイク クロスバイク セミスリックタイプ オンロード オフロード 対応 通勤 通学 ☆

ホイール

ロードレーサーでは、予め組まれた状態の「完組みホイール」が一般的です。多くのブランドから様々な完組みホイールが出されていますが、その価格は性能によって大きく異なり、財布との相談になりますね。

一方ピストでも完組ホイールは多くありますが、エンド幅(ホイール軸の長さ)の規格には110mと120mがありますので注意が必要。所有するフレームのエンド幅を確認して購入してください。

コンポーネント

ロードレーサーの場合は、各コンポーネントパーツがセットになっていてグレードを示す名称が付いています (例えばシマノならばデュラエース/アルテグラ/105/ティアグラ/ソラ/クラリス) 。ホイールと同様に価格に開きがあり、予算との兼ね合いでどのグレードを選ぶかが決まってくると思います。

ピストの場合はロードの様なセット商品にはなっていませんので、ショップと相談しながら各パーツを選択していってください。

フロントフォーク & ヘッドパーツ

フロントフォークにはコラム径(フレームに差し込む部分の棒の太さ)がフレームよって違いますので、まずは手持ちのフレームのコラム径を確認してください。ヘッドパーツもフォークのコラム径に合うものを選択してください。

また、フロントフォークは自転車に組み込むにあたり、コラムを適切な長さにカットする必要があります。自分でやる人も多いですが、自信が無ければショップに依頼しましょう。

サイクル検索館

 楽天自転車検索 | Ranking Bike Search 【車種別検索】

【グッツ検索】

ロードタイヤ検索館

 ロードタイヤ検索館:Cycle Impression! ケータイ版 | 自転車のインプレを投稿してもらうケータイ版サイト








インフォメーション