ホーム >> MTBをロードに改造する

MTBをロードに改造する(MTBのドロップハンドル化)

ドロップハンドル化したMTBMTBでこれまであちこち走ってきたケド、快走できるロードへの憧れが。。。そんな皆さん、結構多いですよネ。でも、「新車を購入する資金が。。。」とか「二台も自転車を持つのはチョット。。。」という場合にオススメするのが、手持ちのMTBを有効利用してドロップハンドルを装着。さらにタイヤも極細のスリックタイヤに履き替えるという、MTBのロード仕様への改造です。

本物のロードに比べると車重があり軽快さは劣りますが、ロードバイクのフィーリングを気軽に楽しむことができます。さらに元々がMTBなので、荒れた路面を走ったり、荷物を積んでツーリングするのは得意っ。より広い用途が考えられますネ。

ここでは主に、MTBのドロップハンドル化に焦点を当てて、クリアーすべき課題と解決策を解説していきます。

ドロップハンドルのブレーキレバーでVブレーキを動かす

MTBのドロップハンドル化で一番問題になるのが、ドロップハンドル用のブレーキレバーでVブレーキを動かすということ。そのままの組み合わせではVブレーキの可動幅が小さく、十分な制動力を得られないために危険です。これを解決するための方法としては、次の4つがあります。

【Vブレーキ対応のブレーキレバーを使う】

Vブレーキを適正に動かすことができるドロップハンドル用ブレーキレバーとして、ダイアコンペ287VやテクトロRL520などが市販されています。但し、いずれも変速システムが無いので、バーエンドコントローラーなどの変速システムが必要となります。

【カンチブレーキに交換する】

市販されているドロップハンドルのクロスバイクを見ると、ドロップハンドル×カンチブレーキの組み合わせになっています。Vブレーキに比べると、カンチブレーキは制動力がやや弱いというのが問題点。また、昔に比べるとマイナーなブレーキシステムになってしまったので、消耗品の調達に苦労するかもしれません。

変速システム

変速システムとしては、次の4つの対処方法が考えられます。選択したブレーキの対処法や予算などに応じて選択してください。

【デュアルコントロールレバーを採用する】

ロードレーサーで採用されているシマノのSTIやカンパニョーロのエルゴパワーといったブレーキシステムには、変速システムも組み込まれています(デュアルコントロールレバーと言います)。スプロケット(スプロケ)の変速数と同じものを採用すれば、問題なく変速が可能です。

【バーエンドコントローラーを採用する】

Vブレーキ対応のブレーキレバーを選択した場合や、シフターとスプロケの変速数が異なる場合は、バーエンドコントローラーを採用するのが解決策の一つです。ダイヤコンペ バーエンドコントロールは、スプロケの変速数に関係なく使えます。

【レバーコラムマウントを採用する】

ロードレーサーの変速パーツであるWレバーをフロントフォークのコラムに装着できるレバーコラムマウントを採用するという選択肢もあります。好みの問題ですが、バーエンドコントローラーに比べるとワイヤーの取り回しがすっきり見えると思います。

極細タイヤへの交換

ドロップハンドル化したら、よりロードレーサーっぽくタイヤも極細のスリックタイヤに交換してみましょう。ブロックタイヤに比べて、走りが劇的に変わります。1.5や1.25のタイヤにすると、見た目もシャープにっ。ただし、使っているホイールによって、どこまで細いタイヤを履くことができるか違ってきます。ショップに相談して、安全に乗れるタイヤを選択してください。

What's New

サイクル検索館

 楽天自転車検索 | Ranking Bike Search 【車種別検索】

【グッツ検索】

ロードタイヤ検索館

 ロードタイヤ検索館:Cycle Impression! ケータイ版 | 自転車のインプレを投稿してもらうケータイ版サイト








インフォメーション